旭川ウェルビーイング・コンソーシアム

開催実績

【第4回終了】あさひかわオープンカレッジ第4回「高齢者の咀嚼と嚥下について」


◎実際に試食をしながらの楽しい講座でした。

高齢になると衰える「咀嚼と嚥下」機能について、講師が用意した「ごはん」や「かぼちゃ、ニンジン」を「ペースト」から「ざく切り」まで4段階に調理したサンプルを実際に試食しながらの説明をそれぞれ真剣に聞きながら感触を確認していました。

乳幼児と高齢者の食事との関係性も興味深く聞いていました。

質疑でも、咀嚼回数や食事についての質問があり、食事体験をしながらの楽しい講義となりました。

 

講師:旭川大学短期大学部 教授 豊島 琴恵

加齢と共に、当たり前にできていた噛む動作の「咀嚼」と飲み込む動作の「嚥下」が、だんだんスムーズにできなくなります。そのために気をつけなければならない食べ物についてや、食べ物以外の歯のこと、舌のこと、姿勢のことなど色々な視点から、改めて「咀嚼」「嚥下」のメカニズムや大切さを考えてみましょう。

 

【第3回終了】あさひかわオープンカレッジ第3回「広告のエモーショナル表現」


◎グループワークが好評でした!!

基礎講義のあとはCM映像を題材にグループワーク(6人)が行われました。オープンカレッジでは初めてでしたが、受講生は各々意見を述べながら、懇談的にお話をしていました。最後に各グループ代表が意見をしっかりまとめ、発表されていました。

第3回 「広告のエモーショナル表現」
講師:旭川大学経済学部 助教 田中 晃子

エモーショナルとは感情的な様子を意味することばです。現在、企業は広告にエモーショナル表現を用いることで消費者へ強い印象を与えています。本講座では、テレビコマーシャルを事例に挙げ、どのような仕組みで私たち消費者の心が動かされているのか広告表現の工夫を解き明かしていきます。

 

【第2回終了】あさひかわオープンカレッジ第2回「データ科学入門 ―AI、統計と数学―」


◎好評のうちに終了しました!!

現代の私たちの暮らしにかかせない、AI(人工知能)については、身近だがよくわからないという声をよく聞きます。講演では、アルゴリズム、ビックデータ、ディープラーニングなどの用語をわかりやすく解説するとともに、人類の歴史から現代、未来までの人間の進化の歴史をとおしてお話ししていただきました。会場から「便利になることは良いことなのか?」、「どんどん新しいものが登場しては消えていくが、はたして進化しているのか?」など危惧する意見もあり、大きなテーマの見交換が行われました。

第2回 「データ科学入門 ―AI、統計と数学― 」
講師:旭川医科大学医学部 准教授 寺本 敬

人工知能とビッグデータによって、私たちの暮らしはさらに便利になりましたが、コンピュータ任せで心配になることもあります。仕組み(アルゴリズム)を知れば、この不安も少しは和らぐのではないでしょうか。データを活用して課題と向き合う社会へ、統計、数学を土台とした1つの見方を紹介します。

 

AWBCサテライトキャンパス HI・RO・BAはしっくす事業部会
旭川ウェルビーイングコンソーシアム
事務局:サテライトキャンパス 
旭川ウェルビーイングコンソーシアム 〒070-0031
北海道旭川市1条通8丁目108番地Feeeal旭川7階
TEL 0166-68-2189 FAX 0166-66-0025
 AWBC 事業内容
行事予定 開催実績 事業部会  
 サティライト
 キャンパス
利用状況        
 はしっくす 行事予定 活動実績 メンバー 連携校 リンク集
 サイトマップ アクセスマップ リンク集 お問い合わせ    
旭川医科大学/北海道教育大学旭川校/旭川大学/旭川大学短期大学部/東海大学札幌キャンパス/旭川工業高等専門学校